• 超希少作★吉田明★象嵌【窯変】茶碗★合わせ箱
  • 超希少作★吉田明★象嵌【窯変】茶碗★合わせ箱
  • 超希少作★吉田明★象嵌【窯変】茶碗★合わせ箱
  • 超希少作★吉田明★象嵌【窯変】茶碗★合わせ箱
  • 超希少作★吉田明★象嵌【窯変】茶碗★合わせ箱
  • 超希少作★吉田明★象嵌【窯変】茶碗★合わせ箱
  • 超希少作★吉田明★象嵌【窯変】茶碗★合わせ箱
  • 超希少作★吉田明★象嵌【窯変】茶碗★合わせ箱
  • 超希少作★吉田明★象嵌【窯変】茶碗★合わせ箱
  • 超希少作★吉田明★象嵌【窯変】茶碗★合わせ箱
  • 超希少作★吉田明★象嵌【窯変】茶碗★合わせ箱
【お得】 超希少作★吉田明★象嵌【窯変】茶碗★合わせ箱 その他
  • 当日発送
  • 送料無料

【お得】 超希少作★吉田明★象嵌【窯変】茶碗★合わせ箱 その他

お気に入りブランド
販売価格 :

61,440税込

獲得ポイント :
ポイント

商品がカートに追加されました
【お得】 超希少作★吉田明★象嵌【窯変】茶碗★合わせ箱 その他
販売価格:¥61,440 税込

在庫あり

※ 商品のお届けについてはこちらよりご確認ください。

SHOPPING が販売、発送いたします。

当日発送可 (14:00までのご注文が対象)

  • ご注文内容・出荷状況によっては当日発送できない場合もございます。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

利用可

  • ポストにお届け / 一点のみ購入でご利用可能です。
    ゆうパケットでのお届けの場合はサンプル・ノベルティが対象外となります。
    ゆうパケットには破損・紛失の保証はございません。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

商品の詳細

超希少作★吉田明★象嵌【窯変】茶碗★合わせ箱
商品説明吉田明氏の象嵌の技法で文字が刻み込まれ、蒔窯で焼成された際の黄胡麻もたっぷりかかった味わいのある茶碗になります。
大体の大きさは、高さ:約6cm、径:13,5cm程度になります。
【プロフィール】
1948年 昭和23年、東京都青梅市に生まれる
1965年 (17才) 愛知県立陶磁器試験場に練習生として入所。ロクロの基礎を江崎一生氏に学ぶ。
1972年 (24才) 東京都八王子市美山町御屋敷に窖窯を築き独立。1973年 (25才) 佐賀県有田町の対山窯にて陶器の制作指導をしながら磁器を学ぶ。唐津、伊万里の古窯跡を発掘する。
1974年 (26才) 八王子で第一回個展を開き八王子の土をテーマに三島、粉引、焼締めの作品を展示。
1981年 (33才) 本格的に茶陶に取り組む。新宿柿傳ギャラリーにて第一回茶陶展を開催。
1994年 (46才) 東京都青梅市沢井に青梅窯を開く。奥多摩にて活動を始める。
1995年 (47才) 青梅市梅郷にギャラリーと自らの器で食を楽しむ酒処「すいとん屋」を開く。「奥多摩の窯場から」(マガジンハウス)を出版。
1998年 (50才) 東京都西多摩郡日の出町大久野に日の出窯を開く。
1999年 (51才) 日の出工房に朝鮮式竹割窯を築く。「やきものをつくる-すべてができる七輪陶芸」(二葉社)を出版。
2000年 (52才) 「やきものをつくる-ミニ窯」(二葉社)を出版
2002年 (54才) 「決定版-七輪陶芸入門」(主婦の友社)を出版。「やきものをつくる-ギョ!紙窯」(二葉社)を出版。
2003年 (55才) 「縄文-室内陶芸」(二葉社)を出版。茶陶 歴史と現在作家101人に掲載される。
2004年 (56才) アメリカ・ニューヨークにて茶陶展を開催。
2005年 (57才) 新潟県十日町に移住する。
2006年 (58才) 越後妻有の土、粘土層を発見「妻有焼」としてスタートする。 「十分陶芸」(二葉社)を出版。
2007年 (59才) イギリスにて第11回国際陶芸祭に参加しミニ窯を紹介した。陶芸の絵本執筆中 
2008年 (60才) 妻有焼陶芸センターがオープン。
2008年 (61才) 12月5日(金)心筋梗塞に
注意事項合わせ箱になります。
栞は付きません。
発送詳細送料負担をお願い致します。
こちらの商品案内は 「■@即売くん5.40■」 で作成されました。

商品の説明

最新のクチコミ

★★★★

すぐにとどきました ありがとうございます

  • hanahana678
  • 32歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

前回注文した時より若干小さいような気がしましたが、それでも骨取りのフィーレ煮つけで頂きました。80歳を超えている介助が必要な家族に食べさせるのに本当に便利なお魚です。

  • kotami-
  • 40歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品